生活

ハウスクリーニングで家中ピカピカにしましょう。

ハウスクリーニングで家中ピカピカにしましょう。

(公開: 2014年3月22日 (土)

家を綺麗にしたいならプロのハウスクリーニングにお願いするのがお勧めです。お家全体はもちろん、お風呂、トイレ、キッチン、レンジ、エアコンなど必要なところだけを綺麗にしてもうこともできます。

一度プロに徹底的に綺麗にしてもらうとその後のお手入れも楽になります。また換気扇やエアコンなどは個人で掃除をするのが難しいですが、プロなら独自のノウハウで素早く確実に綺麗にしてくれます。

多くのハウスクリーニング業者があるので、サービスの内容や値段などを比較して選ぶと良いでしょう。

エアコン掃除もハウスクリーニングでお願いできます

エアコン掃除もハウスクリーニングでお願いできます

(公開: 2014年3月 7日 (金)

エアコン内部の掃除は、節電や臭い対策に欠かせません。 購入した家電量販店でも行って頂けますが、エアコン本体を通販で購入したとか、家電量販店が遠くて出張料が割り増しになる様な見積もりの場合ですと、ハウスクリーニング業者(大阪)さんの利用も考えましょう。 

ハウスクリーニング業者さんも独自のノウハウをお持ちですので、家電量販店のサービスで断られる事の多い天井埋め込み式エアコンでも対応して頂ける業者さんが多いのが特徴です。

債務整理を任せる4つのメリット

債務整理を任せる4つのメリット

(公開: 2014年2月12日 (水)

始めに、一般人が破産を要請するまでの間では債務のある個人に対しての電話による返済請求と、返済者人の家宅への訪問による徴集は違反でないと考えられます。

とくに、自己破産の手順に入ったあと提出までに余計な時間が費やされてしまった場合では債権保持者はなりふりかまわぬ返済要求をやってくる危険性が増えます。

債権保持人サイドとしては債権の返納もせずにそれでいて破産のような法律の対応もしないといった状況であれば業者内部での完結処理をすることができないからです。

また、債権保持人の中には専門の人間に助けを求めていないとわかるとなかなか強行な回収行為を繰り返す債権人もあります。

司法書士および弁護士にアドバイスを求めた場合、各々の債権保持人は依頼人に対しての直接集金を続行することができません。

要請を伝えられた司法書士あるいは弁護士の方は案件を担うと記載した文書を各債権者に送り各取り立て会社がその文書を確認したのなら依頼者は強引な徴集から解き放たれることとなります。

ちなみに、取り立て業者が勤務先や故郷へ訪問しての徴集は法のガイドラインによって禁止されています。

登録を済ませている企業ならば職場や親の家へ訪れての集金は法に違反するのを分かっているので違法だと言ってしまえば、違法な返済請求を続行することはないと思います。

申請の後は申請者に向かった返済要求を入れ例外なしに取り立ては認められなくなります。

ゆえに取立人からの集金行為がすっかり消滅するわけです。

けれど、ごく一部にはそういったことを分かっていて接してくる取り立て業者もゼロとは断定できません。

貸金業で登録済みの企業であれば、自己破産に関しての申請後の集金が貸金に関する法律の条項に抵触するのを分かっているので、違法であると伝達すれば、そういう類の集金を続行することはないと言っていいでしょう。

けれど闇金融という通称の未登録の取り立て屋に関しては法律無視の徴集行為などが原因の被害事例があとを絶たないのが現状です。

違法金融が債権者の中に存在しているケースではどんな理由があれ弁護士の方または司法書士法人などの専門家に助力を求めるようにするといいと考えます。


誰かに相談したいけれど...

誰かに相談したいけれど...

(公開: 2014年2月12日 (水)


書籍のチラシ、ゴシップ新聞、電信柱に配布されたチラシやダイレクトメールなどで「負債の整頓やります」「債務を一本化したいですよね」という売り文句を目に入れることがあります。

こういうのは、「片付け屋」「買取業」「紹介屋」という名の企業の嘘広告のときが存在します。

そういったものを使用した場合は破産申請手続きの中で最重要な免責許諾を受け取れないリスクが存在します。

「片付け屋」ではチラシなどで多重負債者を呼び出し、すさまじい代金を受けて債務整頓を行いますが、実際のところ借金整理は行われないまま、さらに債務スパイラルにはまってしまう場合がほとんどと思われます。

「買取業者」というのは、債務人のクレジットカードで電気製品、コンサートの利用チケットを大量に仕入れさせ、債務人からその物品を売値の20%ー額面半値で受け取るという手段が主です。

借金者は短期にはお金が増えますが、いつかカード企業からの商品の定額の支払いが送られてきて、実際のところ債務を増やす結末で終わります。

このケースだとカード業者に対する詐欺に当たるとされてしまい免責が手に入れられなくなります。

「紹介人」の場合大口のサラリーマン金融から断られる借金人に対し業者としては提供はせずに、貸出を可能な店を紹介して、高すぎる手数料を出させる業種です。

つなぎ屋は手の込んだつなぎでお金を貸し出しが受けられたように会話しますが実際は何もしないで、審議の通りやすい店を伝えているだけというやり口です。

この場合だと実際のところ借金額を増やすことになります。