2015年4月

医学合格する為にどうしたらいいのか?-慶応進学会フロンティア-

医学合格する為にどうしたらいいのか?-慶応進学会フロンティア-

(公開: 2015年4月16日 (木))

医学合格する為にどうしたらいいのか?

一番の近道は、指導力のある講師に出会う事だと思う。日本ではどうしても、勉強ができないのは、気合いが足りないからだ、とか、努力が足らないからだ!と言われがちだが、問題はそこだけなのだろうか?実際の所、問題があるのは、生徒ではなく、講師、教師にある事が多いのだ。だからこそ、医学部に本気で合格したいと考えるならば、本気で医学部を合格させたい!と考えている良き師に教えを乞うべきではないではなかろうか?そんな学校があるのか?疑わしいとは思うが、実は、そんな夢の様な学校があるのである。それが、慶応進学会フロンティアという学校だ。従来、集団授業をガチガチに入れた予備校が主流だったが、この慶応進学会フロンティアでは、自習主体の演習が中心となっている。しかも、講師陣の熱い想いが生徒の心を動かしているのだろう。生徒をやる気にさせるのがうまい、ともいえるのかもしれない。そして、講師、先生も一人の人間である事を忘れてはならない。講師の面倒見のよさは、お金にはかえられない価値があると思うのは私だけだろうか?だからこそ、予備校選びは慎重に行う事を強くオススメしたい。選ぶ予備校でその後の合否が決まると言っても過言ではない。医学部に入る事が目的ならば、そこに強い予備校を選ぶ事が近道だ。


カイロプラクティックでO脚が改善するらしい!?

カイロプラクティックでO脚が改善するらしい!?

(公開: 2015年4月16日 (木))

カイロプラクティックとは様々な手技を用いて神経の圧迫を取り除き身体の不調を改善して行きます。

O脚は骨盤を中心としたゆがみを矯正することで改善されるようです。

ですが治るO脚と治らないO脚があるのはご存知でしたか。

O脚には生まれつき骨の変形が原因のものと、日常生活の癖によりバランスを崩しゆがんでしまったものの二種類があります。生まれつきもものは残念ながら治すことが出来ません。カイロプラクティックでは施術に入る前にしっかりとした検査やカウンセリングを行うことで改善できるかどうかを判断しています。

改善できるO脚の場合、座り方・立ち方・歩き方に癖があることにより関節がゆがんでしまったと言えます。特に骨盤や膝の関節にゆがみが起きていると言えます。膝の関節がゆがむことにより、膝に負担がかかりすぎると痛みや炎症を起こすこともあるため、早めのO脚改善が大切になってきます。

カイロプラクティックには即効性はないので、少なくとも10回は通い施術を受けることをお勧めします。

O脚の改善をすることにより、脚の疲れやむくみもとれ、ウエストの変化、ヒップアップ効果なども期待できます。

またカイロプラクティックの施術だけでなく普段の癖を直す努力も必要となってきます。

横須賀の整体