人間に合わせて生活してくれる愛犬たち

人に飼われている犬達の多くは、人間の生活リズムに合わせて暮らしてくれています。

犬は本来狩りをして餌を補食しますので、夜行性の動物ですが、人間と暮らすようになってからは、人間の生活リズムに合わせて生活をしているのです。狩りをして餌を補食する必要が無いためです。でも、眠りがとても浅いため、睡眠時間は人間よりも長いものです。ですので、朝人間が起きてから騒がしくなると起きてきますが、昼寝もするのです。

改良された犬種は最初から狩りをする本能はなく、人間にあった生活リズムが良いのかもしれません。ただし、睡眠時間は人間よりも長くなります。

ただでさえ、人間の生活リズムに合わせてくれていますので、せめてドッグフードは、犬本来が食べる原材料が使われたものを与えたいものです。食事まで人間と同じようにするのは酷というものです。

狩りをして捕食するということは、生の肉を食べるということになります。でも毎日の餌でそれを準備するのは大変なものです。理想としては冷凍されてない生肉ということですが、それをフリーズドライで作られた餌なら、好んで食べてくれます。トリーツなどもそうやって作られたものが多いため、特別なご褒美として喜んで食べてくれるのです。よく出来たと褒められて、ご褒美が得られるとして与えるのがトリーツです。