誰かに相談したいけれど...


書籍のチラシ、ゴシップ新聞、電信柱に配布されたチラシやダイレクトメールなどで「負債の整頓やります」「債務を一本化したいですよね」という売り文句を目に入れることがあります。

こういうのは、「片付け屋」「買取業」「紹介屋」という名の企業の嘘広告のときが存在します。

そういったものを使用した場合は破産申請手続きの中で最重要な免責許諾を受け取れないリスクが存在します。

「片付け屋」ではチラシなどで多重負債者を呼び出し、すさまじい代金を受けて債務整頓を行いますが、実際のところ借金整理は行われないまま、さらに債務スパイラルにはまってしまう場合がほとんどと思われます。

「買取業者」というのは、債務人のクレジットカードで電気製品、コンサートの利用チケットを大量に仕入れさせ、債務人からその物品を売値の20%ー額面半値で受け取るという手段が主です。

借金者は短期にはお金が増えますが、いつかカード企業からの商品の定額の支払いが送られてきて、実際のところ債務を増やす結末で終わります。

このケースだとカード業者に対する詐欺に当たるとされてしまい免責が手に入れられなくなります。

「紹介人」の場合大口のサラリーマン金融から断られる借金人に対し業者としては提供はせずに、貸出を可能な店を紹介して、高すぎる手数料を出させる業種です。

つなぎ屋は手の込んだつなぎでお金を貸し出しが受けられたように会話しますが実際は何もしないで、審議の通りやすい店を伝えているだけというやり口です。

この場合だと実際のところ借金額を増やすことになります。
借金 しにたい